Appleが元BMW幹部を採用、Apple Car開発の兆候か。EV開発に実績ある人物

テック&ガジェットのニュースを毎日配信中!
» » » 最新記事はこちら
👀



Appleが元BMW幹部「ウルリッヒ・クランツ」氏を採用していると、BloomBerg経由の情報として、Apple関連のニュースやを扱う『MacRumors』が報告しています。

テクノロジー *Source: MacRumors,Linked in,BMW

BMWのeモビリティプロジェクト「i」を主導した元幹部をAppleが採用


BMW i8

クランツ氏は、ドイツの大手自動車メーカーBMWでおよそ30年間勤務していました。同社のeモビリティ改革を導く「プロジェクトi」でも主導的な役割を果たし、『BMW i3』や『BMW i8』など数々の革新的な車両開発に携わっています。


BMW i3

クランツ氏は2016年にBMWを退職し、その後EVスタートアップ企業「Canoo」を設立。共同創業者兼技術担当として参加し、2019年にはCEOに就任していました。

このクランツ氏の採用は「Appleが、テスラに匹敵する自動運転車を製造することを決意している兆候なのかもしれない」と報じられています。Appleは最近、自動車を開発するためのサプライヤーと製造パートナーを探していることがよく取り上げられており、注目度は高くなっています。


画像はApple Carのイメージ

「Apple Car」の開発には約5年かかるといわれおり、まだまだ先は長そうです。しかしここまでAppleが力を入れる製品ともなると、完成度にはかなり期待できそうですね。

▶『iPhone』や『iPad』をお得に買うならコチラ! » Amazon 整備済み品


あわせて読みたい 👀



*本サイトに記載されたURLからの売り上げ等は一部が製作者に還元される場合があります。

話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする